あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月に読んだ本

<<   作成日時 : 2013/06/01 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1215ページ
ナイス数:76ナイス

虚貌虚貌感想
どんな仮面をかぶっても殺意だけは隠せなかった。21年前、岐阜県美濃加茂地方で、運送会社を経営する一家が襲われた。社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負う。まもなく従業員3人が逮捕され、事件は終わったかに見えたが…。 人の顔を覚えられない刑事、醜形恐怖症の娘、顔に痣を持つ刑事…顔に対してのそれぞれの悩みを持つ人々、そして21年前に起きた事件の関係者達が次々に殺され・・・最初は人が良いゆえに主犯にされてしまった荒の復讐物語かと思いきや、その荒さえも消され、何が何やら・・・
読了日:5月29日 著者:雫井 脩介
往復書簡往復書簡感想
高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子6人に会いに行く。6人と先生は20年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、6人目となかなか会うことができない(「20年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ。
読了日:5月24日 著者:湊 かなえ
別冊 図書館戦争〈1〉別冊 図書館戦争〈1〉感想
『図書館戦争』スピンアウト・別冊シリーズ第一弾!武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート! 2013年5月17日再読。映画・図書館戦争を見たので、原作の郁と堂上にも会いたくなって再度本を開きました。なので、登場人物達がすっかり映画のキャスト陣に脳内変換されてしまったけど、それなりに皆、雰囲気あってたなぁ〜と・・・ 恋人時代の二人が何とかわいらしい!公私混同しまいとするのに、つい・・・てな堂上に萌えますわー。郁と柴崎の会話もいいなぁ♪小牧さんも相変わらず優しいんだからっ!映画も続編希望♪
読了日:5月17日 著者:有川 浩
花の鎖花の鎖感想
元英語講師の梨花、結婚後、子供ができずに悩む美雪、絵画講師の紗月。3人の女性の人生に影を落とす謎の男「K」。感動のミステリ。++++++ 湊作品は読後にドヨンとする事が多いけど、これは「おぉ〜!」。それぞれのパートでの主人公である三人の女性の関係性に驚かされ、意外な人物達との絡みに感心!Kの正体は、てっきり足ながおじさん的な好人物かと思いきや、がっかりという展開にもやられた〜!(笑)人や因縁の繋がりを花の鎖と例えたんだろうけど、きんつばというアイテムが妙に印象に残る作品でした。←花より団子(笑)
読了日:5月1日 著者:湊 かなえ

読書メーター


人気ブログランキングバナー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月に読んだ本 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる