あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 逝年―call boy2/石田衣良

<<   作成日時 : 2009/04/04 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


書籍の説明 e−honより
20歳の夏から1年後。
娼夫のリョウは、仲間の咲良、アズマと共にボーイズクラブを再開する。
クラブのオーナー御堂静香も刑務所から戻ってくるが…。
性愛の極みを描く傑作恋愛小説。


【娼年】の続編ではありますが、前作から、さほど時間は経ってない様子。
静香の意思を継ぐべく、何とかクラブを再開。
新しい人材の確保や、顧客との関係も順調ながらも
静香の死という悲しい出来事が・・・・・・
娼夫という言葉に対する一般的なイメージには、全然当てはまらない
リョウの振る舞い。
そして、クラブの責任者としての自覚も芽生えながらも
静香に対する感情は、まるで子供のように素直で涙ぐましいものが…
何だか不思議な世界の話ではありましたが、彼らの真剣さや
愛情の深さを感じ、この手の仕事に対する偏見が薄れたかも(笑)。

人気ブログランキングバナー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逝年―call boy2/石田衣良 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる