アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「や行の著者」のブログ記事

みんなの「や行の著者」ブログ

タイトル 日 時
臨場/横山秀夫
臨場/横山秀夫 書籍の説明 「BOOK」データベースより 臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。 ‘終身検視官’の異名を持つ倉石は、他の者たちとは異質の「眼」を持っていた。 ‘終身検視官’、死者の人生を救えるか―。組織と個人、職務と情、警察小説の圧倒的世界。 8つの短編からなる小説だったのですが、主には事件の描写や 被害者側の視点で書かれてるのにもかかわらず 主人公である倉石の存在感が凄かったです。 現場の状況やご遺体の状態から物証を得、検視官という立場で ズバリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/04/18 23:33
ジバク/山田宗樹
ジバク/山田宗樹 書籍の説明 女は哀しくも恐ろしく、 男はどこまでも愚かだった。 押し寄せる衝撃と感動。 残酷なまでに転落し続ける人生を描く、書き下ろし長編小説。 外資系投資会社のファンドマネージャー、麻生貴志は42歳。 年収2千万を稼ぎ、美しい妻・志緒理と1億4千万のマンションを 購入する予定を立てていた。自らを“人生の勝ち組”と自認する貴志は、 郷里で行われた同窓会でかつて憧れた女性ミチルに再会する。 ミチルに振られた苦い過去を持つ貴志は、 「現在の自分の力を誇示したい」という... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 20:54
ゴールデンタイム 続・嫌われ松子の一生/山田宗樹
ゴールデンタイム 続・嫌われ松子の一生/山田宗樹 書籍の説明 「BOOK」データベースより 叔母である川尻松子の惨殺死から四年。 松子の甥・川尻笙は、大学は卒業したが就職をすることもなく、 将来への不安を抱きながら、東京でその日暮らしの生活を送っていた。 しかし偶然知り合ったユリとミックの舞台演劇に対する熱い思いに触れ、 笙も芝居の魅力へ強く惹かれていく。 一方、自らの夢だった医師への道を着実に歩んでいた笙の元恋人・明日香は、 同級生であり恋人の輝樹からプロポーズされ、学生結婚への決意を固め始めていた。 だが両者が人生の意味... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 13:48
翼の折れた天使たち 空・海/Yoshi
翼の折れた天使たち 空・海/Yoshi 書籍の説明 出版社 / 著者からの内容紹介 天使として生まれた少女たちが、大人になるにつれ翼を失い、飛べなくなっていく。 そんな傷ついた彼女たちが、人との出会いやさまざまな出来事を通じて、 自分を取り戻し、ふたたび大空へと羽ばたいていく・・・・・。 Yoshiの元に送られてきた告白をベースに物語化。 誰もが通る悩みや苦しみを描ききった、リアリティーあふれるオムニバス短編集。 あなたの魂を震わす感動が今ここに! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/09/19 21:58
嫌われ松子の一生/山田宗樹
嫌われ松子の一生/山田宗樹 書籍の説明 出版社/著者からの内容紹介 30年前、中学教師だった松子はある事件で馘首され故郷から失踪する。 そこから彼女の転落し続ける人生が始まった__。 一人の女性の生涯を通して愛と人生の光と影を炙り出す感動ミステリ巨編。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/18 00:15
哀しい予感/吉本ばなな
哀しい予感/吉本ばなな 書籍の説明 セブンアンドワイより 幸せな四人家族の長女として、何不自由なく育った弥生。 ただ一つ欠けているのは、幼い頃の記憶。 心の奥底に光る「真実」に導かれるようにして、おばのゆきのの家にやってきた。 弥生には、なぜか昔からおばの気持ちがわかるのだった。 そこで見つけた、泣きたいほどなつかしく、胸にせまる想い出の数々。 十九歳の弥生の初夏の物語が始まった―。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/12 21:22
半落ち/横山秀夫
半落ち/横山秀夫 書籍の説明  請われて妻を殺した警察官は、死を覚悟していた。 全面的に容疑を認めているが、犯行後2日間の空白については口を割らない 「半落ち」状態。男が命より大切に守ろうとするものとは何なのか。 感涙の犯罪ミステリー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/11 22:51
華麗なる一族/山崎豊子
華麗なる一族/山崎豊子 書籍の説明 「BOOK」データベースより 業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、都市銀行再編の動きを前にして、 上位銀行への吸収合併を阻止するため必死である。 長女一子の夫である大蔵省主計局次長を通じ、上位銀行の経営内容を極秘裏に入手、 小が大を喰う企みを画策するが、その裏で、阪神特殊鋼の専務である 長男鉄平からの融資依頼をなぜか冷たく拒否する。 不気味で巨大な権力機構「銀行」を徹底的に取材した力作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/01 22:39
肩ごしの恋人/唯川恵
肩ごしの恋人/唯川恵 書籍の説明 「BOOK」データベースより 自立した女は他人も自分も信じられない。女性を武器にする女は結婚、離婚を繰り返す。 そんな27歳の二人の主人公と物語を紡ぐのは男子高校生、やさしい妻帯者、美しいゲイ…。等身大の女性を描く長編本格恋愛小説。第126回直木賞受賞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/01 21:32
恋せども、愛せども/唯川恵
恋せども、愛せども/唯川恵 書籍の説明 「BOOK」データベースより もう、恋も愛もいらない。なくても寂しさも不便も感じない。 ひとりで心穏やかに過ごせ、自分を完結させられる。早くそこに辿り着きたい―。 恋愛なんて、ある年齢になれば卒業できると思っていた。 けれど、やはりそうではないらしい。いつだって、人は誰かを求め、恋を待っている…。 金沢、名古屋、東京で生きる祖母、母、娘たち三世代のゆれ動く恋と仕事、結婚。 すべての世代の女性たちに贈る待望の恋愛長篇。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/20 00:00

トップへ | みんなの「や行の著者」ブログ

あるがまま…別館 や行の著者のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる