あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月に読んだ本

<<   作成日時 : 2014/06/01 14:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1433ページ
ナイス数:118ナイス

白蓮れんれん (集英社文庫)白蓮れんれん (集英社文庫)感想
「筑紫の女王」と呼ばれた美しき歌人・柳原白蓮が、 年下の恋人、宮崎龍介と駆け落ちした、世に名高い「白蓮事件」。 華族と平民という階級を超え、愛を貫いたふたりの、いのちを懸けた恋―。 門外不出とされてきた七百余通の恋文を史料に得て、愛に翻弄され、 時代に抗いながら、真実に生きようとする、 大正の女たちを描き出す伝記小説の傑作。 第八回柴田錬三郎賞受賞作。
読了日:5月30日 著者:林真理子
白蓮れんれん (中公文庫)白蓮れんれん (中公文庫)感想
「筑紫の女王」と呼ばれた美しき歌人・柳原白蓮が、 年下の恋人、宮崎龍介と駆け落ちした、世に名高い「白蓮事件」。 華族と平民という階級を超え、愛を貫いたふたりの、いのちを懸けた恋―。 門外不出とされてきた七百余通の恋文を史料に得て、愛に翻弄され、 時代に抗いながら、真実に生きようとする、 大正の女たちを描き出す伝記小説の傑作。 第八回柴田錬三郎賞受賞作。
読了日:5月29日 著者:林真理子
清須会議清須会議感想
信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。 猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。 情と利の間で揺れる、丹羽長秀、池田恒興ら武将たち。 愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。 キャスティング・ボートを握るのは誰なのか? 五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。
読了日:5月13日 著者:三谷幸喜
清須会議 (幻冬舎文庫)清須会議 (幻冬舎文庫)感想
信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。 猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。 情と利の間で揺れる、丹羽長秀、池田恒興ら武将たち。 愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。 キャスティング・ボートを握るのは誰なのか? 五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。
読了日:5月13日 著者:三谷幸喜

読書メーター


人気ブログランキングバナー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月に読んだ本 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる