あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月に読んだ本

<<   作成日時 : 2013/09/11 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1411ページ
ナイス数:91ナイス

欠落欠落感想
SITに配属になった同期の女刑事が、身代わりとして監禁事件の人質になった――。警視庁捜査一課の刑事・宇田川は、別の殺人事件を追いながらも、彼女の安否が気にかかる。自らが関わる事件は、公安主導の捜査に変わっていき、宇田川は姿を消している元同期、蘇我との連絡を試みるが……。20万部突破、今野敏の集大成的警察小説『同期』のシリーズ第2作。この組織には、刑事によって解決されるべき謎がある。
読了日:8月25日 著者:今野敏
空飛ぶタイヤ空飛ぶタイヤ感想
トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…。自動車会社、銀行、警察、週刊誌記者、被害者の家族…事故に関わった人それぞれの思惑と苦悩。そして「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともにたったひとつの事故の真相に迫る、果てなき試練と格闘の数か月。 正義は勝つ!そう信じていても、主人公の赤松さんじゃないけど途中で何度もダメか・・とくじけそうに(汗) 大企業の隠蔽体質に立ち向かうには正直なだけでは太刀打ち出来ないの?
読了日:8月18日 著者:池井戸潤
噂の女噂の女感想
中古車店に毎晩クレームをつけに通う3人組、麻雀に明け暮れるしがないサラリーマン、パチンコで時間をつぶす失業保険受給中の女、寺への寄進に文句たらたらの檀家たち―。鬱屈した日々を送る彼らの前に現れた謎の女・美幸。美幸って、知っとる? この町のどこか夜ごと語られるは彼女にまつわる黒い噂。町で評判のちょっと艶っぽいイイ女。雀荘のバイトでオヤジをコロがし、年の差婚をしたかと思えば、料理教室で姐御肌。ダンナの保険金を手に入れたら、あっという間に高級クラブの売れっ子ママに。キナ臭い話は数知れず、泣いた男も星の数。
読了日:8月7日 著者:奥田英朗
ドルチェドルチェ感想
彼女が捜査一課に戻らない理由。それは、人が殺されて始まる捜査より、誰かが死ぬ前の事件に係わりたいから。誰かが生きていてくれることが喜びだから。警視庁本部への復帰の誘いを断り続け、所轄を渡って十年が過ぎた。組織内でも人生でも、なぜか少しだけ脇道を歩いてしまう女刑事・魚住久江が主人公の全6編。 長い事、姫川シリーズに馴染んできた身には、最初は魚住刑事の印象があまりに普通で事件もそう派手なものではなかったけど、それゆえリアルだし、魚住の推理力や人情派の性格がじわじわしみて好印象♪松下由紀さんでの映像化に納得!
読了日:8月2日 著者:誉田哲也

読書メーター


人気ブログランキングバナー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月に読んだ本 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる