あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月に読んだ本

<<   作成日時 : 2011/11/02 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

10月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3067ページ
ナイス数:93ナイス

キケンキケン
あ〜面白かった!!!そして楽しかった!!! 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。 誰かが妻に青春時代の思い出を語るかのように描かれてたけど、それを語ってたのは「お店の子」だったのか〜! 彼が妻にひきづられるかのように、数年ぶりに学祭に足を向けた場面では まるで彼らと同化したかのように感情が揺さぶられ込み上げるものが…
読了日:10月29日 著者:有川 浩
塩の街塩の街
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた―。 そんな非現実的な話では話ではありましたが、震災で街が倒壊したという現実を目の当たりにした今だからこそ、 その絶望の中でも愛する人と共に力強く生きようとする秋庭と真奈の姿に元気を貰えた気がします。
読了日:10月26日 著者:有川 浩
レインツリーの国レインツリーの国
きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。しかし、かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった…。メディアワークス刊「図書館内乱」の中に登場する書籍「レインツリーの国」が実物となった。 内乱の中で聴覚障害者のお話だと触れてあったけど、それに伴う行き違い等は あれど、普通に微笑ましいラブストーリーでしたわ〜。 障害者とか健常者とか関係なくても、出会った頃にはお互いの事が 知りたいのに理解出来なくてもどかしいですもんねー。 そうゆう意味ではこの二人の努力は素晴らしいと思う♪
読了日:10月19日 著者:有川 浩
図書館危機図書館危機
郁、よく頑張った!そして稲嶺さんや玄田さんとか、上に立つ大人のかっこいいこと!!! 敵と戦うだけでも大変な事なのに、味方である立場の人達とのやっかいなあれこれ。 そしてそんな中でも、必死で本を、芸術を守ろうとする姿に、読んでて 何度かこみ上げるものがあり、不覚にも涙が・・・ 有名俳優の祖父への愛、郁の家族のあれこれ・・・堂上との恋バナも もちろん胸キュンですが、色んな形の愛が詰まった作品でしたわ〜♪
読了日:10月19日 著者:有川 浩
図書館内乱図書館内乱
郁の両親の来訪だの、小牧が毬江にすすめた図書をめぐってのあれこれ、 そして柴崎にまとわり着く人物の正体に、手塚兄の策略・・・ 内容てんこ盛りで、最後まで退屈させない展開! そして最後の最後になって郁に王子様の正体がバレた! てか、こんな形でバレるとは・・・ と、始終わくわくしつつ、せっせとページをめくりましたわー。 エンタメ要素満載ながら、主要人物たちの図書や図書館を守ろうとする 一途でそして真面目な態度に好感。みんなかっこいいです♪ 今後、郁の堂上王子への態度はどう変化するんだろ?
読了日:10月12日 著者:有川 浩
図書館戦争図書館戦争
やっと読めた!んがっ、先に別冊を読んでた文、余計にこっちを読んでる際のニヤニヤ度が高かった気がしますわー。 郁と堂上って最初の頃はこうだったんだ!そして郁のいう王子様は堂上じゃないの〜と薄々わかってはいたけど、最後の方でやっとそれが語られるもどかしさ!ったくツンデレなんだからっ!!! その他の人物達も、最初からきちんとキャラ設定が完璧だったことにも感動。 引き続きシリーズ制覇を目指しますっ!!!
読了日:10月09日 著者:有川 浩
ヒトリシズカヒトリシズカ
5つの殺人事件。その全てに関わっていた少女・シズカ。 幼いながらも、憎たらしいほどの冷酷さと悪知恵で、警察や悪人達の追跡をするりとかわしてしまう大人顔負けのシズカ。 小出しにされる彼女の生い立ちを知るにつけ、気の毒には思いつつ、早く捕まえてあげる事が彼女のためなのにともどかしかった。 なのに、あんな結末を迎えるとは・・・ 彼女の実父に、養父に腹違いの妹・・・この複雑な展開には驚かされましたわー。
読了日:10月09日 著者:誉田 哲也
シンメトリーシンメトリー
姫川玲子は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係に所属する刑事だ。主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。なりたくてなった刑事、三度の飯より捜査活動が好き、できれば派手な事件に挑みたい。そんな女だ。しかし、事件の真相と司法との間には、割り切れぬ闇も確実に存在して…。警察小説の愉しみに満ちた傑作。 とあるように、【ストロベリーナイト】にて強烈な印象を残してくれた姫川を主人公にした短編。 今後、この姫川を主人公にしたドラマがあるようだけど、脚本はこれを参考に練られるのかしらん。
読了日:10月09日 著者:誉田 哲也
別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
柴崎、手塚カップルも無事ゴールイン!そこに至るまでの事件が凄かった〜! 郁が出て行った後に同室になったあの女!何だかいけ好かないな〜と思ってたら案の定・・・ だけど、その事があったからこそ二人が互いを必要としてる事がわかったというのは何か悔しいぞ! 郁と堂上の幸せな新婚生活も覗き見出来たし、最後がハッピーエンドで良かった〜。 手塚兄との間に何があったのか、現時点ではわかんないけど、 今後、本編を読んで確かめたいと思いますです。
読了日:10月07日 著者:有川 浩
別冊 図書館戦争〈1〉別冊 図書館戦争〈1〉
読む順番を間違えた・・・本編を読んでないのに、こっちを先に読んでしまいました。常々図書館戦争を読んでみたいと思ってたので、図書館で見つけてつい飛びついたら別冊だっただなんて・・・ だけど、それとなく親切に過去の出来事に触れてあったので、初心者でも楽しめました。郁と堂上の不器用な恋愛っぷりにキュ〜ン♪そして周囲の人達も何とも個性豊かで協力的というか、二人に対する理解度が深い! 今、遅ればせながら図書館戦争を読んでますが、こうゆう事だったのねんとニヤニヤしながら読んでます。
読了日:10月07日 著者:有川 浩

2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


人気ブログランキングバナー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
http://mimiyoiyoi.seesaa.net/
私ももっと読書してみます!
みみ〜
2011/11/28 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月に読んだ本 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる