あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 白夜行/東野圭吾

<<   作成日時 : 2007/10/07 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

書籍の説明 出版社/著者からの内容紹介
悪の吹きだまりを生きてきた男。理知的な顔だちの裏に、もう一つの顔を持つ女。
偽りの昼を生きた二人の人生を、“質屋殺し”を追う老刑事の執念に絡めて描く。
ミステリーの枠を広げた一大叙事詩。




これは2006年冬クールにドラマ化。公式HPはこちら
配役:桐原亮司 ***山田孝之 幼少時代の亮司***泉澤祐希
唐沢雪穂***綾瀬はるか 幼少時代の雪穂***福田麻由子
松浦勇***渡部篤郎(特別出演) 篠塚一成**柏原崇 
古賀久志***田中幸太朗 園村友彦***小出恵介 菊池道広***田中圭 
唐沢礼子***八千草薫(特別出演) 栗原典子***西田尚美 
西口奈美江***奥貫薫 川島江利子***大塚ちひろ
高宮誠***塩谷瞬 桐原洋介***平田満 桐原弥生子***麻生祐未
谷口真文***余貴美子 笹垣潤三***武田鉄矢


これもドラマを見終えた際に興味を持ったので読んだ作品。
最初は分厚さにビビッたんですが、ドラマの映像が鮮明だったおかげか
すらすら読めちゃいましたわ〜!
でも原作だけ読んだとして、きっと理解度は低かったと思われ・・・
ドラマで予習出来てたからいいようなものの、そうでなかったらチンプンカンプン。
ネタバレ大好きなあたし。ドラマ放映中も原作を読まれた方の感想を
興味深々で拝見させて頂いてたんですけど、今になってやっと
「そういう事だったんだ〜」と感心しきり!見事なまでに、
亮司と雪穂の心情が一切描かれてなかった事にたまげた〜。
なのにドラマで見た亮司と雪穂の悲痛な思いがひしひしと感じられ、
淡々と事を成していく原作の二人がいっそう哀れでした。
原作では色んな場所で起こる出来事がつぎはぎのように描かれてて
まるでパズルみたいでした。活字だけでそれを理解するのは到底
あたしには無理だったと思いまふ・・・
結末はといえばムム???って感じでしたが、先の展開を色々空想するのが
楽しかったりして!雪穂があのまましたたかに生きていくならそれはそれで
良し!支えを失ってボロボロになるも良し!
雪穂以外の登場人物にも色々思いを馳せる事が出来、余韻が残る
作品でしたわ〜♪


片想い/東野圭吾
秘密/東野圭吾
赤い指/東野圭吾
私が彼を殺した/東野圭吾
探偵ガリレオ/東野圭吾
予知夢/東野圭吾

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白夜行/東野圭吾 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる