あるがまま…別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 秘密/東野圭吾

<<   作成日時 : 2007/08/19 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

書籍の説明 「BOOK」データベースより
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。
妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。
その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。




読む前は結構分厚いなぁ〜と思ったんですが、先の展開が気になったせいか
すらすら読めちゃいましたわ〜♪
初っ端から、妻子がバスの転落事故にあってしまい、とても暗い物語なのかなと
思ったんですが、生き残った筈の娘が意識を回復したと思ったら、なんと中身は
妻だったという、何とも信じられない不思議なお話でした。
この秘密は、きっと他人には理解してはもらえないだろうと、藻奈美の姿をした
妻の直子は、家では妻として、外では小学生として生きていく事になるのですが…
夫であり、父でもある平介の戸惑い・・・そして夫婦でありながらも、父娘として
生活していかねばならない切なさ。それは藻奈美が成長すればするほど
その苦悩は深まっていくんですよね〜。
夫は再び若さを取り戻した妻に対する嫉妬を抱いてみたり、
妻は妻で、娘の青春を悔いないように生きようと必死であがき、夫の
束縛を時にはウザく感じてみたりと、気持ちのすれ違いも多くなり・・・
いったい、この夫婦はどうなっちゃうんだろうと不安になった頃、
突然、娘の意識が戻り・・・
ある時期、藻奈美の身体には藻奈美本人と母である直子という
二つの人格が、睡眠から目覚めると共に入れ替わり立ち代り共有。
しかし、徐々に直子の人格が現れる時間が短くなり、お別れの時が・・・
その儀式が、平介と直子の初デートの場所で行われるのですが、
ここの描写では、涙が出ちゃいましたわ〜。
晴れて(?)、本来の父と娘としての生活が始まる訳ですが、
ラストは思いもしない大どんでん返し!!!う〜ん、辛く切ないお話でした。

この作品は、広末涼子ちゃん主演で映画化されてたんですね〜。
http://www.tbs.co.jp/p-guide/cinema/himitsu2001/
配役:杉田藻奈美・直子***広末涼子 杉田平介***小林薫
杉田直子(入れ替わり前まで)***岸本加世子 梶川文也***金子賢
橋本多恵子***石田ゆり子 相馬春樹***伊藤英明
木村邦子***篠原ともえ 吉本和子***柴田理恵
梶川幸広***大杉漣 三郎(直子の父)***山谷初男
高校時代の同級生***内山信二 大学教師***東野圭吾

と、原作者である東野さんご本人も出演されてたらしい(笑)


赤い指/東野圭吾
片想い/東野圭吾
私が彼を殺した/東野圭吾
探偵ガリレオ/東野圭吾
白夜行/東野圭吾
予知夢/東野圭吾

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まこさん♪こんばんは〜!
そして、、ウェブリブログへようこそ〜。
ヽ(゚・^*)^☆.。.:*・゚☆祝☆゚・*:.。.☆^(*^・゚)ノ

後回しになってしまい、、スイマセン。。
ワタシもスタートして
まだ半年ぐらいのヒヨコ(外見はおババщ( ̄∀ ̄)ш)なので、一緒によろしくです♪

本をたくさん読んでますね〜。
ドラマか犬かグダグダと語ってる自分が
恥ずかしくなってきやした。。。(;^_^A アセ
この秘密ですが、、映画版は見たのですが
原作の娘は小学生だったのですか?(びっくり!)
映画の方は
2度目のさよならは辛い(だったかな、、)の
キャッチコピーが付いたぐらい
やはり、切ない感じで、涙が出ましたよ〜。。
苦手な広末さんも(笑)受け入れ出来ましたし。
しかし、伊藤君も出ていたのですね(^▽^;)
ルル
2007/09/03 20:49
記念すべき初コメント、頂きうれしいですぅ〜!
ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ
ウェブリ仲間の先輩として、よろしくご指導下さいまし〜♪
ここ最近、妙に本を読むようになったのも、実はドラマの影響です。
ドラマで描ききれなかった部分や、腑に落ちない部分を
原作で探ろうというのが狙いでした〜!
だから、真面目な読書家の方とは大違い!ミーハー読者なのデス、ははっ
映画も殆ど見ないので、話題の映画がドラマ化されるのを
ひたすら待つっ!
なので、こんな映画があった事も全然知らなかったですわ〜。
ワイドショーでもあまり取り上げなかったのかしらん?
↑こういうとこがミーハーの発想  ̄▽ ̄;;ゝアセ
広末さんも、まだ演技の経験が少なかっただろうに
こんなむずかしそうな役を…しかも苦手なルルさんにも認めて(?)もらえる演技をしたわけですな、ふむふむ。
伊藤くんも今ほど知名度が無かった頃なのかな〜。
原作では、確か…最後に藻奈美の結婚相手となる
役だったと思うんですけど、印象が少なかったのかな〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
まこ
2007/09/04 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
秘密/東野圭吾 あるがまま…別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる